【福岡】不倫調査を検討中の方へ!慰謝料請求の流れや有効な証拠とは?

【福岡】不倫調査で得られる証拠と慰謝料請求

パートナーの不倫が判明したときには話し合って不倫をやめさせたり、離婚して慰謝料請求をしたりといった対処をするケースが多いです。
こちらではまず、法的な不倫の定義を確認していきましょう。また、不倫の有効な証拠の種類や慰謝料相場、不倫を理由に慰謝料請求をする際のポイントについてもご紹介いたします。

福岡で不倫調査をご検討の方へ!そもそも不倫とは?

パートナーの不倫が疑われるときには、まずは確かに不倫が行われているのか否かを確認しましょう。そのためには、不倫の定義を正しく把握しておく必要があります。
もしも不倫の事実がある場合は、不倫調査を依頼するなどして確たる証拠を押さえ、適切に対処しましょう。こちらでは、不倫の証拠について詳しくご紹介いたします。

【福岡の不倫調査】不倫の定義

不倫の定義

不倫とよく似た言葉に浮気があります。どちらも、特定のパートナーがいるにもかかわらずほかの人に好意を抱き、なんらかの関係を持ってしまうことをいいます。
ただし不倫という言葉は、婚姻関係にある男女に使われることがほとんどで、結婚していない場合には使いません。また、不倫とは単に別の人に心を奪われるだけでなく、性行為に及ぶなど具体的な問題行動が伴ったときに使われる言葉です。

浮気の場合には、法律上の問題が起きることはそれほど多くありません。ほとんどの場合、当事者間で相談したり別れたりといった方法で解決されます。
ただし、婚約をしていた場合や内縁関係になっていた場合には、相応の慰謝料支払いが発生することもあります。

不倫は家庭が壊れるきっかけになるという点で、浮気よりも重いものとして扱われます。
民法上の不倫の定義は、「婚姻関係にある人が別の特定の相手と不貞行為を繰り返すこと」とされています。つまり、婚姻関係にある夫、または妻が別の人と不貞行為をしていた場合には不倫とみなされるのです。

単にほかの人と手をつないだり、好きだというメッセージを送ったりしていた程度では不倫とされないことがほとんどです。
もちろん、こういった行動を裏切りと考える方は少なくありません。しかし、不倫とはあくまで、性交渉またはそれに類似した行為のことをいいます。

性交渉があった場合でも、意思を伴わない強姦の場合には不貞とみなされません。とはいえ、パートナーが加害者側というときには当然ながら重大な問題となります。

なお、性交渉があった場合でも、1回限りということであれば婚姻関係が大きく揺るぐことはないとされ、不貞にあたらないとされてしまうことが多いです。つまり、性交渉が継続的に行われている場合でなければ、不貞行為と認定されるのは難しいのです。

【福岡の不倫調査】不倫の証拠になるもの

写真やUSBが置かれた机

不倫の確かな証拠が得られれば、離婚や慰謝料請求に持ち込むことができます。もしも確たる証拠が得られないときには、複数の証拠を提示して信憑性や証拠能力を高める工夫が必要です。
具体的には、以下のような不倫の証拠を押さえれば離婚や慰謝料の請求が可能となります。

自白

パートナーや浮気相手が不倫の事実を最初から自白しているのであれば、話し合いはスムーズに進みます。自白した場合には録音か録画をし、証拠として押さえておきましょう。
ただし、不倫を素直に自白する人はそれほど多くありません。

動画や写真

性行為の写真や動画があれば確たる証拠として使用できます。また、2人の間に性交渉があると想像できる場合にも証拠として認められるケースがほとんどです。ホテルに出入りしている写真や動画にも十分な証拠能力があります。

メールやLINE、SNSのログ

メールやLINE、SNSなどのログを証拠として使用できることもあります。ただし、証拠となるのは性交渉があったと推測できる内容に限ります。
日常的な会話などは、いくら仲が良さそうに見えても証拠能力は低いので気をつけましょう。

通話履歴、会話の録音

パートナーと不倫相手の会話や電話の記録も、内容によっては証拠となり得ます。ただし、メールやLINEなどと同じように、肉体関係があったと推測できない場合には証拠として認められないことがほとんどです。

レシートや利用明細

浮気の証拠を探す際には、レシートやクレジットカードの利用明細を確認してみましょう。
ラブホテルのレシートや利用明細があれば証拠として使用することが可能となります。ただし、買い物をした記録やレストランで食事をした記録は不倫の証拠とはなりません。

スケジュール帳、日記

スケジュール帳に密会の予定が記録されている場合や、パートナーの日記に不倫の内容が書かれている場合には証拠として押さえておきましょう。ただし、これらの証拠能力はそれほど高くありません。
不倫が疑われるときに、不倫された側が日記をつけておくという方法もあります。不倫の信憑性が高い場合には、証拠の1つとして使用できることがあります。

探偵の調査資料

探偵や調査会社の資料は有効な証拠として扱われます。特にホテルに出入りする写真や性交渉があると判断できる証拠が見つかれば、すぐに慰謝料請求に移ることも可能です。

福岡のクローバー探偵事務所は、地域密着型の探偵事務所としてこれまでに数多くのご依頼を解決に導いてきました。質の高い調査を低価格で提供しております。

福岡で不倫調査をご検討の方へ!慰謝料請求の流れ

不倫された側は、不倫をしたパートナーと不倫相手に対して慰謝料を請求できます。ただし、慰謝料の料金相場は法律で明確に決められていないため、自身で考えて適切な費用を提示する必要があります。
こちらでは、慰謝料の料金相場について考えていきましょう。また、慰謝料請求の方法についてもご説明いたします。

【福岡の不倫調査】慰謝料相場と決まり方

書類とペンが置かれた机

一般的には、慰謝料の料金相場は50万円~300万円ほどといわれています。
浮気が発覚したものの話し合いをして夫婦関係を継続する場合、慰謝料の請求額は50万~100万円ほどに落ち着くことがほとんどです。
慰謝料には、精神的なダメージを金銭で補う意味合いがあります。家族関係に重大な問題を及ぼした場合には、慰謝料の料金相場も高くなる傾向にあります。

慰謝料の相場は、不倫発覚前の婚姻生活の状況によっても変化します。
それまで円満だった家庭が不倫によって破綻したときには、慰謝料の費用がアップすることがあります。逆に、発覚以前から夫婦仲がよくなかった場合には、慰謝料の料金もそれほど上がりません。

また、不倫をした側や不倫相手の給与額が慰謝料に影響するケースも少なくありません。高収入の人が不倫をしたときには慰謝料の金額が跳ね上がることもあります。
逆に、専業主婦や借金のある人が不倫をした場合には、支払い能力がほとんどないため慰謝料の金額は大きく下がってしまうことがあります。

なお、慰謝料請求は不倫をしたパートナーと不倫相手の双方に請求できます。パートナーのみ、または不倫相手のみに慰謝料請求をすることも可能です。
家庭が破綻したことを理由にパートナーと浮気相手の両方に対して慰謝料を請求すれば、受け取れる金額はかなり高くなります。

【福岡の不倫調査】慰謝料請求の流れ

慰謝料請求の流れ

不倫の慰謝料を請求する際には、確かな証拠を揃えることから始めましょう。調査をして不倫相手を特定し、肉体関係があると認められるような証拠を集めておけば、慰謝料請求をする上で有利になります。

この調査のときには、できれば不倫相手の住所か職場を調べておきたいものです。住所や職場がわかれば、書面で慰謝料請求を行えます。
パートナーと不倫相手の双方に慰謝料を請求するときには、慰謝料請求の具体的な内容を記した内容証明郵便を同時に送付するとよいでしょう。
内容証明郵便には法的な強制力はありませんが、相手に本気度を伝え心理的なプレッシャーをかけられるというメリットがあります。

また、慰謝料請求について口頭で知らせるという方法もあります。直接または電話での慰謝料請求には、相手に言い訳を考える時間を与えず追及できるという良さがあります。
ただし、口頭での相談や交渉のときには、「言った」「言わない」の水掛け論に発展しないよう十分注意しましょう。話し合いの内容を記録するなど工夫し、確実に慰謝料請求の相談を進めていくことが大切です。

相手が不倫の事実を認め慰謝料請求に合意したら、示談書を作っていきます。示談書には不倫の事実や慰謝料支払いの条件を記載しておきましょう。また、不倫関係の解消を望む場合には、その旨も示談書に書き添えることができます。

できれば、示談書とともに公正証書も作成しておきたいものです。公正証書は公証役場で作成する書類で、慰謝料が払われなかったときに財産や給与を差し押さえるなどの強制執行力をもちます。

これらの手続きは煩雑で、個人がすべてを行うのはかなり難しいです。慰謝料請求の際には弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。
なお、話し合いがまとまらなかったときには、裁判で解決することになります。この場合にも、相談できる弁護士がついていれば有利に進めることができます。

慰謝料請求に有効な証拠集めをお考えなら、クローバー探偵事務所にご依頼ください。クローバー探偵事務所は弁護士紹介などの手厚いアフターフォローをしているので、安心してご依頼いただけます。

【福岡】不倫調査を探偵に依頼して証拠を集めれば慰謝料の請求が可能

不倫問題を解決するときには、不倫調査で証拠を集める必要があります。あらかじめ探偵事務所の費用相場をチェックし、自分に合った事務所を選んで相談や依頼をしましょう。

不倫調査で十分な証拠を集めれば、パートナーや不倫相手に対して慰謝料を請求できます。慰謝料請求の方法や費用相場などの相談にも応じてくれる探偵事務所を選び、二人三脚で問題解決を目指しましょう。

福岡のクローバー探偵事務所は、低価格・明朗会計で不倫調査や浮気調査を行っております。福岡で調査力の高い探偵事務所をお探しの方、調査費用を抑えたいとお考えの方は、ぜひクローバー探偵事務所にご依頼ください。各種料金に関するお問い合わせもお待ちしております。

福岡で不倫調査を行うならクローバー探偵事務所

称号 クローバー探偵事務所
所在地(福岡店) 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12−5 802号室
代表電話 (092)432-1666
FAX (092)432-1661
E-mail info@eagle-eye.co.jp
所在地(久留米店) 〒830-0023 福岡県久留米市中央町18−2 メゾンドプレサージュ902号
電話(久留米店) (0942)38-8840
代表取締役 松本国隆
設立 昭和36年
事業内容 調査業・調査機器販売
URL https://tantei.fukuoka.jp/

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

         福岡の探偵調査ならクローバーへ

クローバー探偵事務所(西日本リサーチグループ)

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12番5号 802号室
代表TEL フリーダイヤル 0120-854-968
代表Email soudan119@tantei.fukuoka.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料


ハイ!ご用はクローバー

0120-854-968

受付時間:8:00〜20:00 年中無休



西日本リサーチ㈱本社加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会加盟員
九州調査業協会会員NO 2122


探偵業届出証明書番号
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90140051
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90090027
熊本県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第93070016



無料相談・見積依頼はこちら

インスタグラムでも情報発信中!