【福岡】浮気されているかも?自分で浮気調査を行う方法と注意点

【福岡】浮気を自分で調査する方法

夫や妻の浮気が疑わしいときには、自身である程度調査することができます。ただし、セルフでの調査が相手にばれてしまうとトラブルに発展することがあるので注意しましょう。
また、個人で行う浮気調査は、ときに違法行為に該当してしまうこともあります。こちらでは、自分で浮気調査をする方法や気をつけたいポイントについて詳しく解説いたします。

【福岡】浮気調査は自分でできる?具体的なやり方を紹介

浮気を暴いて離婚や慰謝料請求、話し合いをしたい場合には、確たる証拠が必要となります。特に、肉体関係がわかるようなものや相手の自白は証拠能力が高いと判断されます。
こちらでは、確たる証拠を手に入れるための調査方法を見ていきましょう。また、浮気調査に使えるアイテムもご紹介いたします。

【福岡】自分で浮気を調べる方法

ケータイを使う男を見る女

自分で浮気調査をする方法には以下のようなものがあります。有利な立場を得るためにも、十分な証拠を集めていきましょう。浮気の証拠が見つかったときには、自分のスマホで写真を撮るなどの方法で証拠を保存しておくとよいでしょう。

財布を確認する

夫や妻の財布をチェックすれば有効な証拠が見つかるかもしれません。
例えば、ホテルのレシートが見つかったり、夫が普段行かない飲食店のレシートが見つかったりした場合には、浮気している可能性があります。また、ホテルの会員カードや夜の店の名刺などがないかも見ておきましょう。

公共交通機関のカードを調べる

公共交通機関のICカードがある場合、パソコンで履歴を調べることができます。利用区間や利用日をチェックすると、職場とは関係のないエリアに出かけた不審な記録が見つかるかもしれません。

車を調べる

車がある場合には、カーナビやドライブレコーダーをチェックしましょう。
カーナビには走行距離や目的地などが記録されます。また、ドライブレコーダーに走行中の様子が録画されているかもしれません。また、車内にアクセサリーや髪の毛が落ちている可能性も考えられるので調べておきましょう。

クレジットカードの利用明細を見る

クレジットカードの利用明細におかしな点がないかを確認するのもおすすめです。買い物や食事をした日時、店名をチェックすれば、怪しい行動に気づくことがあるかもしれません。
最近は、紙の利用明細ではなくウェブ明細が主流となりつつあるので、ウェブサイトから確認し、必要に応じてスクリーンショットを残しておきましょう。

パソコンやスマホを見る

夫や妻のパソコンやスマホには、浮気の証拠が眠っている可能性が高いといえます。
相手のメールやLINE、スケジュール、アプリ、写真、閲覧履歴などを確認できれば、怪しい点がないかを見極められます。ただし、パソコンやスマホを無断でチェックすると、不正アクセス禁止法に抵触することがあるので気をつけましょう。

浮気調査アプリを使用する

最近では、浮気調査に使用できるスマホアプリがいくつもリリースされています。相手のスマホにアプリをインストールしておけば、GPSで相手の位置を確認したりSNSのログを取得したりすることが可能となります。
ただし、浮気調査アプリは多くの場合不正アクセス禁止法に抵触するので注意が必要です。また、調べていることが相手にばれるリスクも高いので使用は避けた方がよいでしょう。

パートナーを尾行する

浮気の証拠を得るために夫や妻を尾行するという方法もあります。パートナーと浮気相手がホテルに入るところを撮影できれば確たる証拠となります。
ただし、夫婦はお互いの顔を知っているため尾行がばれる危険性があります。尾行を成功させたいのなら、顔を知られていない探偵に相談した方がよいでしょう。

【福岡】浮気調査におすすめのアイテム

浮気調査の文字

夫や妻の浮気を調査する際には、以下のようなアイテムがあると便利です。

GPS発信機

GPS発信機を使って浮気調査を行う方もいらっしゃいます。
例えば、車のシートの間など気づかれにくい位置にGPS発信機を仕掛けておけば、車の位置をリアルタイムでチェックできます。もしも車がラブホテルなどに入ったことがわかれば重要な証拠となります。
なかには、相手の上着やカバンなどにGPS発信機を仕掛ける方もいますが、ばれるリスクがあるので十分注意しましょう。(ストーカー規制法にて処罰の対象になります。)

小型カメラ

最近は、モバイルバッテリー型やスマホ充電器型、また指先ほどのサイズの小型カメラが多く市販されています。
こういった小さなカメラをセット(自宅に限る)しておけば、浮気の証拠を動画で押さえられるかもしれません。カメラで証拠を撮影する場合、近づきすぎると相手に気づかれてしまうことがあります。多少離れていても鮮明に撮影できるようなカメラを選ぶのがポイントです。

ボイスレコーダー

ボイスレコーダーを自宅や車に仕込み、証拠となる音声を録音する方法もあります。
ボイスレコーダーの音声の証拠能力はそれほど高くありませんが、不貞行為をダイレクトに録音できれば証拠として使用できます。また、パートナーとその浮気相手が日常的な会話をしている程度では証拠として認められないことがほとんどですが、情報集めのために使用することは可能です。

【福岡】浮気調査を自分で行う際の注意点とは?

夫や妻の浮気について調べていることがばれてしまうと相手に逆ギレされたり、証拠を隠滅されたりすることがあります。証拠を自分で集めるときには、相手にばれないよう気をつけましょう。
また、浮気調査の方法によっては犯罪行為に該当してしまうこともあるので注意が必要です。ここからは、浮気調査をセルフで行う際の注意点をご説明いたします。

【福岡】浮気の調査が違法行為になる場合

バツサインを出す男性

浮気調査で違法行為をしていた場合には、せっかく調査をしても証拠として認められず、離婚や慰謝料請求などがうまくいかなくなることがあります。場合によっては罰金刑や懲役刑に処されることもあるので気をつけましょう。
具体的には、以下の4つのポイントに注意したいものです。

尾行がストーカー行為になる可能性がある

結婚していないパートナーの浮気調査のために尾行をすると、ストーカー規制法または迷惑防止条例違反(つきまとい等の禁止)に抵触する可能性があります。

ストーカー規制法は、結婚しており離婚や慰謝料請求を目的としているなどの正当な理由がある場合には適用されないことがほとんどです。しかし、尾行の方法を間違えると罪に問われる可能性も考えられるので気をつけましょう。

浮気相手の家に押しかけると住居侵入罪に問われることも

浮気の証拠を掴むために浮気相手の住宅に押しかけると、住居侵入罪に問われることがあります。また、浮気相手の許可を取らずに住宅の敷地内に忍び込み、ICレコーダーや隠しカメラを設置するのも犯罪行為とみなされてしまいます。
マンションなどの場合には、共有部分であっても住居侵入とみなされてしまうことがあるので注意しましょう。

SNSやメールのチェックは不正アクセス禁止法に抵触することがある

浮気調査のために夫や妻のスマホやパソコンをチェックするケースは多いです。しかし、相手のSNSやメール、LINEなどを無断でチェックする行為は不正アクセス禁止法に該当することがあります。

プライバシーの侵害にも注意が必要

結婚している場合であれば、家族の共有スペースを調べても特に問題はありません。しかし、夫や妻が個人で所有しているものを調べると、プライバシーの侵害に問われることがあります。
パートナーのカバンや財布、デスクなどには重大な証拠が眠っているかもしれませんが、調査には十分な注意が必要です。

【福岡】浮気調査がばれてしまうケース

人差し指とビックリマーク

セルフでの浮気調査には、夫や妻にばれてしまうリスクがあります。浮気調査がばれると、相手に警戒心を与えてしまうことになるので気をつけましょう。

もしかすると相手は、今後はばれないように水面下で注意深く浮気を続けるかもしれません。また、2人で相談して証拠を隠滅したり言い訳を考えたりする時間を与えてしまうことになるため、確実な証拠を掴めなくなるリスクも考えられます。

浮気調査がばれたことがきっかけで夫婦関係にヒビが入ってしまうこともあるでしょう。夫婦関係の悪化によって望まない形での離婚に追い込まれたり、プライバシーの侵害で訴えられたりする可能性もあります。

特に、浮気調査のあとに離婚せず夫婦関係を修復して再出発しようと考えている方は、相手との関係性が悪化しないよう気をつけたいものです。
離婚や慰謝料請求を焦って自身で浮気調査をしても、必ずしもうまくいくとは限りません。リスクを回避して安全に浮気調査をしたい方は、プロである探偵に相談した方がよいでしょう。

【福岡】浮気が疑わしいときにはプロの探偵に相談や調査依頼を

夫や妻の浮気の証拠を個人で集めることもできますが、セルフでの調査には大きなリスクが伴います。調査がきっかけで不利な状況に追い込まれたり、犯罪行為とみなされたりしてからでは夫婦関係の修復が難しくなってしまいます。
浮気の確実な証拠を集めて有利な立場で離婚や慰謝料請求をしたいのであれば、浮気調査はプロに相談した方がよいでしょう。豊富な実績やノウハウをもつ探偵事務所に浮気調査の相談をし、効率的に浮気の証拠を集めていくのがおすすめです。

福岡のクローバー探偵事務所は、ご相談からお見積もりまで無料で承ります。浮気調査を依頼しようか悩んでいるという方も、まずはお気軽にご相談ください。高品質な調査を低価格で提供しており、追加料金は一切いただきません。

福岡で浮気に関する調査を依頼するならクローバー探偵事務所

称号 クローバー探偵事務所
所在地(福岡店) 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12−5 802号室
代表電話 (092)432-1666
FAX (092)432-1661
E-mail info@eagle-eye.co.jp
所在地(久留米店) 〒830-0023 福岡県久留米市中央町18−2 メゾンドプレサージュ902号
電話(久留米店) (0942)38-8840
代表取締役 松本国隆
設立 昭和36年
事業内容 調査業・調査機器販売
URL https://tantei.fukuoka.jp/

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

         福岡の探偵調査ならクローバーへ

クローバー探偵事務所(西日本リサーチグループ)

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12番5号 802号室
代表TEL フリーダイヤル 0120-854-968
代表Email soudan119@tantei.fukuoka.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料


ハイ!ご用はクローバー

0120-854-968

受付時間:8:00〜20:00 年中無休



西日本リサーチ㈱本社加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会加盟員
九州調査業協会会員NO 2122


探偵業届出証明書番号
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90140051
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90090027
熊本県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第93070016



無料相談・見積依頼はこちら

インスタグラムでも情報発信中!