配偶者が3年以上生死不明の場合は、離婚することができます

民法の定めている法定離婚事由の「3年以上の生死不明」とは、
消息があった最後の時から計算して生死が分からない状態が3年以上続いているという意味です。

時々電話をかけてきたりするのでどこかに生きていることは確かであるが、
自分のいる場所も教えず家に帰る意思もなさそうであるというのは「生死不明」とは言えません。
単なる別居、行方不明です。

生死不明とは、生死が確認できない状態をいい、別居や行方不明は含まれません。
連絡が取れなくても、生きていることが分かっている場合は含まれません。
生きていることがわかっている場合は、「生死不明」ではなく「行方不明」となります。
所在不明の状態が長期間継続すれば生死不明と推定することができます。

生死不明であることには証拠が必要となってきます。
警察への捜索願いや勤務先や知人などの陳述書、様々な方法で探したが見つからなかった証拠資料です。

生死不明の原因、理由あるいは生死不明者の過失は問わないので配偶者に3年以上の生死不明の状態が続けば、
事情の有無を問はずに離婚原因になります。地方裁判所に提訴し離婚判決を得る事ができます。

また、家庭裁判所に不在者の財産管理人の選任を依頼し、財産管理人を相手に扶養料支払いの審判、仮処分を申し立てます。管財人は家庭裁判所の許可を得て、財産売却、扶養料の支払いをすることができます。

一旦離婚が確定すると、後から当人が現れても判決が取り消されたり無効になったりすることはありません。

また、結婚相手が生死不明となった場合には、「3年以上の生死不明」を理由とした離婚の裁判を起こす以外にも、「失踪宣告制度」の利用することができます。

【失踪宣告】
不在者の生死不明が生存を証明できる最後のときから7年間以上続いている場合
不在者が危難(船の沈没、飛行機の墜落、登山中の雪崩など)にあい危難の去ったときから1年以上続いている場合

失踪宣告は、主に財産相続の必要がある場合などに利用されています。
婚姻関係の解消が目的であるならば、失踪宣告より裁判離婚の方法をとったほうが無難といえます。

3年経たなくても、生活費を送ってこない、家庭に戻る意思はない場合、配偶者が理由も無く家庭を捨てて出て行った場合には「婚姻を継続しがたい重大な事由」「悪意の遺棄」に当たります。

このような場合には3年間待たなくとも離婚事由があることになり離婚請求できます。

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

クローバー探偵事務所(西日本リサーチグループ)

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12番5号 802号室
代表TEL フリーダイヤル 0120-854-968
代表Email soudan119@tantei.fukuoka.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料


ハイ!ご用はクローバー

0120-854-968

受付時間:8:00〜20:00 年中無休



西日本リサーチ㈱本社加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会加盟員
九州調査業協会会員NO 2122


探偵業届出証明書番号
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90140051
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90090027
熊本県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第93070016



無料相談・見積依頼はこちら

インスタグラムでも情報発信中!