結婚の約束

「妻と別れて結婚する」という約束の効力
男が「妻がいるけど必ず別れて一緒になるから」といって結婚の約束をした場合。
もともと離婚は、法律上の離婚原因がある場合を除き、相手が離婚届に署名捺印してくれないとできないものです。
「将来妻と離婚する」という約束は、できるかできないかわからない条件付きの約束ですから
これをあてにしてはいけません。
別居して事実上離婚の状態にある場合に、離婚手続き完了後に夫婦になるという婚約は有効だという考えもありますが、このような約束は公序良俗に反するものとして無効だという考えが一般的です。
そのため、相手に妻子があることを知っていて婚約した場合は、破棄されても慰謝料請求が認められないという考え方が強いのです。
情交関係を結んだ場合で、かつ、男の側における違法性が著しく高い時には慰謝料請求が認められますが、相手に妻子があることを知って情交関係に入ったりすれば、かえって相手の妻子から損害賠償請求を受けることがあります。

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

クローバー探偵事務所(西日本リサーチグループ)

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目12番5号 802号室
代表TEL フリーダイヤル 0120-854-968
代表Email soudan119@tantei.fukuoka.jp
営業時間 10:00~19:00(土日祝日対応可:要予約)
ご相談・お見積無料


ハイ!ご用はクローバー

0120-854-968

受付時間:8:00〜20:00 年中無休



西日本リサーチ㈱本社加盟 内閣総理大臣認可
一般社団法人日本調査業協会加盟員
九州調査業協会会員NO 2122


探偵業届出証明書番号
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90140051
福岡県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第90090027
熊本県公安委員会 探偵業届出証明書番号 第93070016



無料相談・見積依頼はこちら

インスタグラムでも情報発信中!